鼻に絆創膏を張って、自称自宅警備員でYouTuberとして活躍しているねこてんさん。本名がみるくや久がつく名前ではないかと言われています。

今回の記事では、ねこてんの本名について迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク



ねこてんについて

YouTubeを始めたのが、2015/05/04!過去にニコ生で活躍していたこともあり、すぐにチャンネル登録数が増え、2年間で69万人以上のチャンネル登録者がいます。ビックリするのが、最初にYouTubeにあげた動画が、94万再生されていることです!普通、ニコ生で少し有名な人がYouTubeに来て、すぐこんな結果出す人なんて本当に居ませんからね!!日本で、女性YouTuberではトップクラスでしょうね(^^)

初めてYouTubeにアップした動画がこちら!!自己紹介も兼ねて動画をアップしています。

動画でも説明していたのですが、簡単にプロフィールを紹介すると

名前:ねこてん

本名:非公開

年齢:20歳

生年月日:1996年10月1日

血液型:AB型

仕事:フリーター

事務所:無所属

彼氏:いない

ペット:ネコ(名前 ちゃあちゃん)

YouTubeの動画では、主に、食べてみた動画 メイク動画 質問動画 などを毎日投稿していて、普段の何気ない日常をアップしていることが多いチャンネルとなっています。

ねこてんのSNSやYouTubeチャンネル

公式Twitterがこちら⇒@pariset1850

TwitterではYouTubeに投稿されない内容もツイートされていますので、気になる方はフォロー決定ですね♪最近の投稿で特に私が気になったのが、これ!!

3秒の動画なのですが、家にコウモリが入って来ている所の動画です!!この後どうやって家から追い出したのか気になるのですが、分からないままとなってしまっています。

本名は?

ねこてんさんの本名なのですが、ネットでは、みるく久がつく名前ではないかと言われていますが、実際の所、未だに分かっていません。

普通、過去の友人や学校の知り合いなどが、Twitterなどで公開しそうなものですが、情報が一切ありませんでした。Twitterで「ねこてん 本名」と知れべてみるとこんな画像を発見!!

ねこてんの本名:あべひみこ

明らかに合成画像で作った卒業写真なので、信じないようにしてくだいねw

ニコ生時代の名前

ねこてんさんは、最初に説明したとおり、元々はニコニコ生放送で活躍していました!コミュニティ登録者は2万人という人気配信者で、特に若い方に人気だったようです。

ニコ生時代に使っていた名前が、「ねこぱじゃまん」という名前w昔からねこが好きだったようですね♪

YouTubeを始める時に、友人と一緒に名前を考えていた時言われたのが、

「ねこと天使でねこてんと言う名前でよくない?」って言われたそうです。すぐにねこてんさんは、「天使じゃないし」ってツッコミを入れたようなのですが、その名前が気に入ったようで、ねこてんに決定したようです。

年収

YouTubeに動画をアップすると、1つの動画で50万再生は必ずしているねこてんさんの収入は、およそ40万~50万だと言われています。なので、年収としては50×12で600万円近くいっているのではないでしょうか?一般のサラリーマンの年収をすでに超えているので、夢がありますね♪

今まではYouTubeに毎日動画をアップしていたのですが、動画の編集や企画を考えるのがキツくなったようで、投稿する動画も減ってきています。

ですが、多くのファンに支持されている為、チャンネル登録者数も減ることはなく増え続けています♪

過去の黒歴史

ねこてんさんの事を色々調べている内に、過去に彼氏から写真を撮られて、ネットに投稿されたことがあったようです。その写真が2チャンネルに投稿されたのですが、実際には別人のようです。

写真をよくみると分かるのですが、ねこてんさんに似ている、セクシー女優の方のようです。画像がこちら

画像をみると分かるのですが、雰囲気や髪型は似ているのですが、やっぱり違いますよね!!多分投稿した人は、似ているというだけで投稿したのかもしれませんが、2ちゃんねるの力で拡散されるとカナリ広まってしまうのが分かるので注意が必要ですね。

スポンサーリンク



ねこてんのネットの反応

まとめ

最後のねこてん不足は最高ですねw 多くのファンに支持されているねこてんさんは今後も注目されるYouTuberという事は間違いないのですが、今後も本名は公開されることはないと考えられます。

Twitterなどで写真を合成して、間違った情報を流している人もいるので、信じないでくださいね♪ 信じることが出来る情報は、ねこてんのTwitterで自分の本名を公開するか、YouTubeの動画で公開するかだと思いますので、注意してくださいね(^^)

 

スポンサーリンク